本格的なWEBサービスを運営するなら専用サーバー

本格的なWEBサービスを運営するなら専用サーバー

2011年は、ITバブル以来のスタートアップブームだったそうです。シリコンバレーで生まれた数多くの「ソーシャルサービス」は、昨年は日本でも数えきれないほど生み出され、にわかにIT業界は活気を帯びました。不景気と言われて久しい日本でも、ITの業界だけは業績好調な会社が多いように思います。やはり地理条件や、ランニングコストの低さなど、初期投資が少なくて済むというのがひとつポイントになっているのではないかと思います。さて、こうしたWEBサービスを作るのには、いくつか必要な環境が挙げられますが、必ずかかってくるランニングコストの中で忘れてはならないのは「専用サーバー」にかかる費用の存在です。専用サーバーとは、レンタルサーバーサービスの中でも、1台のサーバーハードウェアを丸ごと借りる、という類のものです。当然サーバーをまるごと借りることになるので、共有サーバーに比べて高コストなのですが、そのぶん得られるメリットは非常に大きなものがあります。共有サーバーをマンションの間借りとするならば、専用サーバーは一戸建てを借りるようなイメージでしょうか。高いカスタマイズ性、大きな容量、高い処理能力(共有サーバーは、処理機能も共有していますので、当然能力が相対的に低くなります。)などが大きなメリットになります。話を戻しますが、大規模なソーシャルサービスをつくろうと思ったら、必ず専用サーバーを用意する必要があります。不特定多数のユーザが利用するサービスでは、他のユーザの影響を受けない環境つくりも必要になるため、サービスの質を担保する意味ても欠かすことのできないものでしょう。もしサービスの立上げをお考えであれば、是非覚えておいて下さい。

新着情報

おすすめサイト

関連情報